記者が行く(八潮)

牛たん、カレー、お寿司まで!!メニュー豊富な「米州」

秋雨続いてますね〜・・・。布団干したいんですけどね〜・・・。もう暑くならない? いや、まだなるだろうな。季節の変わり目、みなさまご自愛ください。

P1160694_s_...

 

雨続きに見る写真の青空。・・・恋しい。傘がね〜嫌なんですよね。ボヤキから始まってしまいましたが、元気に参りましょう!! 今回取材したのは「米州(べいしゅう)」さん。

 

P1160712_s.jpg

 

『牛たんと洋食の店』と看板にありますが、店構えは“和”な雰囲気。

 

P1160715_s.jpg

 

P1160714_s.jpg

 

お店に入ってみても日本人に馴染みのある佇まいです。型にはまらない感じ・・・うん。嫌いじゃない♡

 

P1160681_s.jpg

 

P1160709_s.jpg

 

 

そもそも店名の『米州』がどこからきているのか気になりませんか? その謎はメニューを開くと分かりましたよ〜♪

 

P1160680_s.jpg

 

なんとこちらの店長さん、九州生まれの米国育ち!! フレンチ→鉄板焼き→寿司と海外で修行を積み、満を持して平成7年に『台所や米州』を開店。その後、洋食をメインにした『米州』としてリニューアルオープンされたそうです。育った場所、修行時代を過ごした場所ということでこの店名なんですね。

 

 

米州さんは、ランチ(11:30〜14:00)とディナー(17:00〜22:00)営業に分かれています。驚くのがそのメニューの豊富さ。ランチだけでこれだけあります。

 

P1160679_s.jpg

 

P1160690_s.jpg

 

 

そして夜のグランドメニュー、牛たん様♡ 柔らかく煮込んだ『茹でたん』というメニュー名は触れずにおれません。私は関西出身なので「〜したの?」は「〜したん?」と言います。なので見た瞬間「もう茹でたん? な〜あんたアレ茹でたん? 」と問いかけられてるような気分になりました。(どうでもいい)

 

P1160683_s.jpg

 

 

『牛たん餃子』なるものもありましたよ!! なんだか贅沢ですね〜。

 

P1160703_s.jpg

 

 

こちらも紹介しておきたいな〜。夜は¥800、ランチだと¥700でいただける『八潮の潮スープ焼きそば』!!・・・“塩”ではなく“潮”としたところに八潮への愛を感じますね。スープ焼きそば・・・初耳です。食べてみたい♡

 

P1160684_s.jpg

 

その他にも『ロックンロール』というお寿司まであって、なんとローリング・ストーンズのミック・ジャガーが名付け親なんだとか!! 世界的大スターにもお寿司を振る舞われていたんですね〜。注文時がかっこよすぎる。・・・「ロックンロールを私に。」

 

 

そんなそうそうたるラインナップの中、本日のお目当てはカレーです!! 米州さんには2012年にはぴベジ(八潮産の八つの野菜)メニューグランプリを受賞したカレーがあるのです。

 

それがこちら!! じゃ〜ん♪ 『小松菜入り牛すじカレー』です!!

 

P1160693_s.jpg

 

1口目はマイルド。でも食べ進めていくとピリッと辛さがでてきます。お水はボトルごと置いていってくれましたが、これがありがたくなるほどでした。

 

P1160701_s.jpg

 

牛すじもとろとろで溶ける溶ける〜♡ 小松菜の存在感もバッチリ!!

 

P1160698_s.jpg

 

私の人生三十◯年。今まで「カレーが苦手」という人には1人しか会ったことがありません。理由を聞いてみると「ルーでお腹いっぱいになるのが悔しいから」という、なんっじゃそれ!! な解答。そんなもん配分やろが〜い!!

 

ま、そんな理由ぐらいしか見当たらない程、みんな大好きカレー♡ だからこそキラッと個性のある商品を作るのも難しそう。でもこちらのお店では敢えてその道を選んだんですね。そして今では八潮市の推奨品にもなっています。スゴイ!!

 

みなさまもぜひ食べに行ってみてくださいね ^ ^

 

米州さん、お忙しい中ご協力いただきありがとうございました。

*米州さんのHPはこちら

[2016/09/23 16:52]